読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかねさす紫の花

アラサー社会人が忘備録代わりに書く。∞と関西とえび。

今年の夏は罪深い ANOTHER編

私の夏は厳密に言えば8/14で終わっていたのですが、その後あれよこれよと関西沼にどっぷりだったのでとりあえず覚書。

 

まずは関ジュ夏松竹ANOTHERから。

後輩が奇跡的に当てたのがまさかの千秋楽、しかも1階席

どうしようかと思いましたわ←

ちなみに、人の名前を覚えるは早いけど顔と名前がなかなか一致しない私ですが、この1年半まいジャニを割とちゃんと見てたのでそれなりにちびジュまでわかるからよかったよ…

冒頭、花道にいたまとちゃんをかわいいなぁと見てたら後輩に肩叩かれて何かと思ったら通路の私らの座席近くにに風雅くんがいた(笑)

あの子はかわいすぎる…いろんなところキュンキュンさせられたわ…

 

オーディションコーナーで千秋楽スペシャルの完成されたトリオ漫才見れて最高だった!

リチャと丈が出てきた瞬間に全力で期待したわ(笑)

 

大ちゃん芝居うますぎるけど、シェイクスピアがわざとらしいから1回蜷川作品で鍛えられてほしい!←

もっと伸びる。映画も大事だけどあの子は舞台で化けるはず。

じーこは蜷川作品じゃなくてつか作品で鍛えられてほしい←

感情のすべてをさらけ出す役を演じてみて欲しい。

 

お目当てはこの方、るーたこと室龍太くん。

思えば約1年前にレコメンゲストの回の最後、30歳になったときに何をしてたいかって質問に本気の本音みたいなものが溢れてて、それが痛くて切なくて全力で心から頑張ってほしいと思ったのがおそらくは沼の始まり。

でも、春松竹は転職やらいろいろあって断念したのね。(今思えば行かなかったことが悔やみ切れない)

で、映画ドリステ見て夏を迎えたわけですが。

取り立てて抜群に芝居がうまいわけではないけど、いるとピリッと芝居が締まるし、芝居の発声が全然違う。立ってるだけの芝居ってものすごく難しいけどその役としてその場でちゃんと存在してて、役柄的に表情で芝居をできないけど感情をちゃんと伝えようとしてた。

1年前、何から頑張ったらいいかわからないけどとりあえず今は芝居を頑張りたいと言っていたるーたが、関西ジュニアの一員としてちゃんとそこにいて、居場所をちゃんと見つけて、しっかり芝居を見せてくれた。

それがわかって、1幕最後の方から終始泣きっぱなしで涙が止まらなくてるーた見てたら泣けて泣けて仕方なかった。

 

身体の使い方と見せ方をよくわかってる、筋肉のつきすぎてない、るーたの綺麗な踊りを浴びるほど見られて気持ちよかった。

台宙の瞬間思わず声が出た(笑)

カテコで、締めの一言で関西ジュニア最高ってるーたが叫ぶからまた泣けた…

 

本当に終始意味わからない泣き方して、終わってからもずっとるーたが離れなくて泣けて仕方なくてあーこれ本当沼だ怖いってなってよく考えてみたら、るーたB型だものね。

私の重度のほっとけない病ですよw

そもそも元々はBBVだと絶対的にばど推しだったはずの私が大人になって村上担こじらせた結果Veteranほっとけない病が悪化して残ってるB型2人に人生狂わされてるよどういうことだ!!!

 

とりあえず、ジャニワたぶん行きますたぶんw

 

続きという名のガラスの仮面編はまた後日。